40代主婦の大人世代サークル「キャンティ」での赤裸々な体験談

既婚者サークルというものが密かに注目されていることをご存じですか?

その中に「キャンティ」という今回取り上げさせていただくサークルがあります。

登録は無料!今なら豪華初回特典付き!

キャンティは既婚者サークルではありません

厳密にいうと既婚者サークルではありません。

30代以上の大人が集まって美味しい食事をとりながらのコンパを開催しているのです。

大人世代サークル「キャンティ」公式ページ

大人になればなるほどの出会いはなくなるものですから、出会いを求める大人のためのサークルだと言えますね。

コンパと書かれていたり、グルメパーティと書かれていたりしますが、既婚者が参加してはいけないということではありません。

だって、出会いですから。

男女の出会いだけでなく、友達が欲しい、共通の趣味をしている人と輪を広げたなど出会いを求める大人がたくさんいますよね。

しかし、実態はどうなっているのでしょうか。

キャンティのこと、そしてキャンティを利用した40代の主婦の方のお話をお伝えいたします。

素敵な未来が広がり、毎日に光を差し込むことがあるキャンティについて調べてみましょう。

キャンティを利用する目的について

40代主婦のAさんの体験に沿ってお話をしましょう。

キャンティを利用する目的は主には冒頭でお話をしたように出会いです。

独身の方は将来に手を繋いでいけるような伴侶を見つけるために参加している人が多いですね。

その場で出会えなくても、様々な方面に繋がりができますからキャンティ以外にも出会いの幅が広がっていきます。

Aさんのような主婦の方は、話し相手になってくれるような友達になってくれる友人を見つけるため、もしくは不倫を目的としていることが多いですよ。

Aさんも実は夫とのセックスレスに悩み、ウジウジしている自分が嫌で不倫関係になれるような男性を探すためにキャンティを利用したのです。

細かい目的は参加する人数ほどにあるのでしょうか、30代以上の大人が集まるのですから、どうしても相手を異性として意識する会にはなってしまいますよね。

キャンティの会の流れ

美味しい食事をしましょう!男女で楽しみ会にしましょう!このように謳っているキャンティは2×2や5×5の人数でセッティングされます。

まさしくコンパですよね。

キャンティ自体は不倫の推奨はしていません、していたら問題もありそうですが。

しかし、一次会はキャンティ主催で行いますが、連絡先の交換や二次会や次回会うセッティングなどはキャンティはノータッチです。

まさしく出会いの場を作っただけ、そのあとはご自由にどうぞということ。

ですから、一次会の中でのカップリングがあるわけでもなく、司会進行役がいるわけでもないのです。

Aさんもインターネットで40代限定のグルメパーティへの参加を決め、料金は夫にバレないようにコンビニで振り込みました。

キャンティはクレジットカードなどでの前金制となっていますから、後から高額な請求をされたりすることがなく、安心して利用できますね。

そして当日、食事をするレストランに出向き指定されたテーブルに案内されると男性3人と女性3人とでセッティングされていました。

みな、一人で来られているようで最初はぎこちなかった雰囲気でしたが、会が始まり美味しい料理に舌鼓を打っているとみな緊張が少しずる解け、自己紹介も和やかに終わりました。

このあたりはさすが40代ですから、学生のノリはなく大人の雰囲気でおしゃれです。

既婚者は女性はAさんを含めて二人、男性側は一人でした。

どんどんと打ち解けていき、昔からの仲間のような気分を味わっていました。

すると、目の前に座っている男性がAさんにたくさんのことを質問してきたのです。

でも、Aさんが嫌な気分がしません。

出会いを求めてここに来たのはAさんの意思ですし、自分に興味を抱かれることがとっても心地よかったから。

彼との出会い

ここにいる男性はAさんのことを女性として扱いますし、隣に座る女性もAさんのことをAさんとして見ます。

最近Aさんはこの感覚を味わいたくてたまらなかったのです。

〇〇さんの奥さん、〇〇ちゃんのお母さんという立場ではなく、一人の人間として見て欲しいという欲をキャンティで満たせています。

これだけでも幸せ、夫とのセックスレスについてもう悩むのはやめようか、とも思いました。

「Aさん、この後は時間はありますか?」

目の前に座っていた彼です。

ドキドキしてきました。

セックスレスで悩み、一人の女性として見て欲しいとキャンティを利用してここにいるのですから、今の状況は願ってもいないものです。

Aさんよりも3つ年上だと言っていたから46歳なのでしょう。

会社経営をされている彼も既婚者だと言っていました。

46歳にしてはまだ少年の面影が残る顔立ちで、優しさが滲み出ています。

無邪気な顔をしてさっきから話しかけてこられても嫌な気分にならないのは彼の持つ雰囲気がそうさせているようです。

この誘いに乗れば私はセックスレスの悩みについて心から悩むことがなくなる。

疼くような体を満たしてくれるであろう素敵な男性が私を誘っている。

食事の誘いか、飲みの誘いかと勘繰ったのですがAさんは女の勘が働いています。

彼の目が私を欲している。。。

彼の手を取ったのは無意識だった

彼が席を立ち上がる。

「こんなにも背が高かったのね」と自然と考え、私は彼の手を取ったのも無意識です。

後に考えてみると、手を取るように誰かに囁かれたようで誰かに後押しをされたような気がしています。

実際にはどうだったのでしょうか。

私は彼の目を見つめた時から彼に気持ちが向いていて、私のセックスレスを解消させてほしいと願っていたのかもしれません。

彼に手を引かれて、ベッドの上に重なるまではお互いに無言です。

しかし、手を繋いで会話をしていたような気もします。

「いいんだね」「いいわよ」と40代にもなって同意を求められることも恥ずかしく「言葉に出さないで」と私は無言でお願いしたのでしょう。

服のまま重なる体は彼の焦りが伝わってきます。

私は同じ40代の中でもまだプロポーションを保っているという自負もあり、これまで私の体に旦那に興味を持たせるように工夫もしてきましたので、彼を興奮させることも簡単です。

私の体に触れたい彼の気持ちが伝わりますから、私の自慢の体をそっと私からあてにいきます。

ますます彼が焦るのがわかります。

私の太ももに押し付けていても、ドクドクと脈打っている大きさが伝わります。

早く私に埋めて

彼は優しく舌を使ったキスをしてきます。

私も久しぶりのキスに、しかもこの先を約束されているキスを堪能します。

彼を逃さないように、時に追いかけられることを楽しみ、舌を使った恋愛をしているようです。

指を絡め、彼の目を覗くと彼も私を見ていて、そこで初めて恥ずかしさがこみ上げてきたのです。

私は主婦でセックスレスで悩んではいるけれども夫以外に抱かれたこともなければ裸を見せたこともありません。

不倫願望があったわけではないけれど、キャンティに参加を決めた時から覚悟はありました。

でも、いざ男性に抱かれようとしている自分は、乙女のような恥ずかしさの気持ちが沸き起こります。

彼もそんな私に気付き、より興奮をしているようです。

ここまできたら、私のずっと寂しかったところに埋めてもらおう。

前戯なんて飛ばして埋めてもらいたい。

彼を誘導することも煩わしく、私は彼を組み敷いて体の中いっぱいに彼を差し込んだのです。

気持ちいい。。。

人間に生まれてよかった、女でよかった。

しかも、これまでのセックスとは比べ物にならない気持ち良さ。

そっか、これが相性っていうんだ。

ここで分かりました。

私と夫がセックスレスになっていたのはお互いに相性がそれほどよくなったからなのです。

気持ち悪いということではなく、もう一度したい!と思うような相性ではないということ。

彼も悶絶していて、埋めたことで終わらないように必死に我慢をしているのです。

お互いに吸い付くように離さないように、ぐっと絡み合い、動く行動も必要なく果ててしまったのです。

愛情を発見

これを究極のセックスというのではないのか、と思うと同時に彼が私を抱きしめてきました。

体を重ねたけれど、ギュッと抱きしめたのは初めてです。

しかも果てた後で驚きました。

夫はセックスが終わればすぐにシャワーを浴びにいく人ですから。

この瞬間に私は確かに彼への愛情を確認してしまったのです。

もちろん、体がきっかけで究極のセックスを堪能したことも一つの恋の理由です。

しかし、これだけのものは愛情がないと、求め合わなければできないものだとも思っています。

彼を手放したくない、このまま終わりにさせたくない。

彼と別れ、自宅に帰り考えました。

私はもう彼から離れられないと思っているけれど彼はどうなのか。

もう一度抱かれたい、そして彼を気持ちよくしたいとまた体がウズウズしてしまいます。

しかし、彼は多くを語らず、行為の後に私をグッと抱きしめただけです。

あの行動は私に何を伝えたかったのでしょうか。

こっそりと彼の気持ちを知りたくて電話占いを…

彼の気持ち、本音を知りたくて眠れない日を過ごしていたところに、彼に直接聞くこともなく調べる方法を見つけたのです。

彼に「私のことどう思う?」なんて聞けません。

もう40歳です、何というかプライドというのでしょうか。

しかし、電話占いをすることによって彼の気持ちをこっそりと調べることができるそうですね。

透視や霊視の得意な占い師さんがたくさん在籍している電話占いは、私のようにいつもで時間が空いているという生活をしていない人にはぴったりです。

24時間、電話があればどこからでも電話占いができます。

私は今晩は夫が出張で自宅にいないので、ゆっくりとした時間を確保して電話占いをしてみます。



】大人の出会い系サイト・アプリ口コミランキングBEST5

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?


コメントは受け付けていません。