30代主婦既婚者サークル「アリス」に参加した赤裸々な体験談



不倫に興味があったわけではなたったのですが、どうしてこんなことになったのか…

きっとあの日、私は友達の誘いに軽々しく乗ってしまったこと、そしてその時の夫婦関係も問題があったからかもしれません。

でも、後悔は不思議とありません。

それは、既婚者サークルであの人に会えたから。

あの吸い込まれるような瞳にすでに吸い込まれてしまったからでしょう。

登録は無料!今なら豪華初回特典付き!

友達の誘いに乗ったあの日

私は学生の頃から仲の良い友達が数人おり、36歳になった今でも時々会って楽しい時間を過ごしています。

結婚をしてからも、私には子供がいませんので自由な時間に友達と会っても夫は何も言いません。

とってもありがたいですよね。

その日も私は学生時代からの友達とランチをしていたのです。

昔話で笑いながら、姑の愚痴を聞き、将来の理想について話しをしていました。

彼女も私と同じように子供を作らない選択をしたので、比較的長く一緒に過ごす相手です。

その日、彼女はスマホの画面を見せてくれて「ここに一緒に行かない?」と誘ってきまのです。

既婚者サークルアリスに参加することに・・

そこには既婚者サークルアリスとありました。

恥ずかしながら私は既婚者サークルなんて知りませんでしたので、何かいかがわしい所に行こうとしているのかと訝しく思っていたのです。

しかし、そのサイトを見てみると男女の関係をどうのこうのではなく、昔のコンパのようなノリではあるけれど、同じ思考を持った人や趣味を持っている人で友達を作りましょうという内容のようです。

サイトも明るく、既婚者サークルという名前だけで躊躇してしまった手前、興味があると目を輝かしている彼女を見つめていると断ることができませんでした。

なんせ、私も若干の興味を持ったのです。

その頃私は夫とギクシャクした関係になっていました。

子供の欲しい私と夫婦二人でこれからも過ごしたいという意見が合わずに、最近になって私が子供を持つことを諦めたという時だったのです。

夫はこれまでと変わらずに優しいですが、私の中ではどうしてもわだかまりが残っている状態が続いていました。

何と言うか、ムシャクシャした状態だったのです。

そこで既婚者サークルですから、大勢で楽しめる場所ならいいな、という気持ちで参加を決めました。

申し込んだのは3日後の会です。

既婚者サークルアリスは、他の既婚者サークルと比べて昼間に開催していることも多いので主婦としては参加しやすいのが特徴です。

私も可能ならば夫が仕事から帰ってくる時間には自宅に戻っていたいという思いもありました。

ランチが始まり、大人の会が開始しました

平日の12時のランチで開始です。

男女ともに5人ずつで、このくらいの人数がちょうどいいのかな、と初めてのことなので緊張しながら多くの感想を持っていました。

ランチですが、大人の会ですからアルコールもありです。

平日のお昼なので、この時間にどんな男性がいらっしゃるんだろうと思っていました。

5人中3人は経営者さんで自由な時間があるということ、残りのお二人は平日がお休みであるサービス業をされている方と不動産屋さんにお勤めの方で、男性の仕事は夫のように平日働いて週末休むばかりではないことに改めて気付き、36歳にもなって恥ずかしい思いをしました。

しかし、男性の方はみな優しそうな方で、35歳から45歳までの男性だそうです。

本当にみなさん大人で、食事の仕方やお酒の飲み方がスマート、私は友達と目を合わせてクスクスしてしまいます。

だって、気持ちが学生時代のコンパを思い出しているのですから。

そのような男女の関係になる必要もないし、気の合う友人を探しにきたつもりでいましたが、やはり雰囲気はコンパそのものですので、背筋が伸びます。

同じ会に参加している女性とももちろんお話をさせてもらって、この年齢になって仕事以外で新しい交友関係を築けることがこんなに楽しいのかと思いました。

男女を問わず、たくさんのお話をして、とっても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

時間もあっという間に過ぎて、ではそろそろお開きに…

となった時に実はその日一番私の隣の席に座っていた男性に連絡先を聞かれました。

「ご主人に気を使われるようでしたら無理はなさらないで」と紳士的なお言葉をくれたのは39歳の不動産屋さんにお勤めの男性です。

ラグビーをしていたと言われる通りに体が大きく今でも日に焼けているのは営業マンだからだそうです。

体は大きいけれど、笑うと目が細くなるチャーミングな顔立ちをしています。

既婚者サークルですのでもちろん奥さんがいますが、奥さんもとても自由な方らしいのです。

私も夫はそれほど私の交友関係に口出しをすることもないので、気持ちよく連絡先を交換させてもらいました。

既婚者サークルから1週間後

既婚者サークルから数日経つと、あの時の楽しい雰囲気を思い出さなくもり日常生活に完全に戻っていました。

考えたとしても既婚者サークルアリスのような健全なサークルなら、定期的に参加してもいいかなと思っていました。

そして1週間が経った時に、例の不動産屋に勤める彼から電話がかかってきました。

午前中の家事を終わらせて紅茶を飲んでいたところでとても驚きました。

まさか、本当に電話がかかってくるなんて思っていませんでした。

連絡先交換をするのも大人としての社交辞令なのかなとも思っていたところがありました。

電話に出て一通りの挨拶をして、「これからランチでもいかがですか?」と誘われて、私も用事などもありませんし、今晩は仕事の関係で夫の帰りが遅いという理由もありお誘いをお受けすることにしました。

1時間後に指定されたお店は、なかなか予約のできないお店だと有名なイタリアンレストランです。

あんなに大きな体でおしゃれなイタリアンレストランなんて、と微笑ましく思いました。

でも。。。

心のどこかでとってもウキウキしている自分にもびっくりしているのです。

好きな人との初めてのデートかのようにウキウキしています。

スキップをしてしまいそうな自分を落ち着けて、大人の自分を取り戻すのに必死でした。

イタリアンレストランにつくと彼はもう来ていました。

メニューを必死に見ている姿はとても微笑ましく感じます。

こんなに人気で有名なお店に急に入れるなんて凄いなと思っていると、会社の取引相手だそうで、「職権乱用をしてしまいました」とあの可愛い笑顔で答えてくれます。

食事は美味しく、彼も美味しそうにここでも職権乱用をして普段はできない大盛りの料理を食べていました。

何だかほのぼのする時間だな、と穏やかな雰囲気が流れるのを体で感じます。

きっと彼も同じ気持ちになっていたのでしょう、窓際の席でしたので外の通りを何気なく眺めている時間もありました。

ほぼ初対面に近い二人、食事なんて二人でするのは初めてなのにお互いに無言の時間があっても平気なんて、不思議な気分でした。

ずっと昔から知っていて、こんな風に過ごしていたような錯覚さえ覚えます。

「行きますか?」と言われて「はい」と頷く私

その時「行きますか?」と言われて「はい」と頷く私。

どこに向かっているのか分かっていないふりをして実は全部分かっています。

きっと、彼から電話がかかってきた瞬間から私たちの足取りがどこに向かっているのか分かっているのです。

会計を済ませ、彼の手に引かれて歩きます。

自然と緊張はしていません。

彼と手を離した時には、私は彼の胸に手をついての顎を上げて、彼に唇を奪われる瞬間です。

やっと、繋がることができる。

楽しい会話も美味しい食事も、最後はお互いを味見するための前哨でしかありませんでした。

どこから始まっていたのか、今となっては分かりませんが私たちの関係はすでに始まっていました。

始まらない理由がないくらいに惹きつけられていたのでしょう。

彼の厚い胸板は、私のどれだけ重い気持ちも受け入れてくれるはずです。

彼の力強い喉仏は私の液をいくらでも飲み込んでしまいそうです。

その指は私を洪水にすることでしょう。。。

彼の体は私のために関節や骨が動いているようです。

私の声が甲高くなるごとに彼の体も反応をしています。

「いいよね?」と聞かれましたが、私は彼の体にしがみつくのに必死で答えることができませんでした。

きっと、彼も必死だったのでしょう。

間をおかずに・・私の中に入ってきました。

ドクドクと血管が流れていることがわかり、生きているんだなと考えると涙が溢れました。

繋がったことが嬉しいのか、生きていることを感激したのかわかりませんが、とにかく嬉しいのです。

懐かしさまで感じて、前世や運命があるならば彼がそうなんだろうなと思っています。

でも、彼の気持ちはどうなの?

私は彼を運命の相手だと思っています。

お互いに既婚者であり、既婚者サークルアリスで出会ってたった1週間でこのように思うことに不思議な気持ちもあります。

しかし、1週間だからこそ、直感で大切な存在だと言うことができています。

私は自信を持って彼に対してそう思っていますが、彼の気持ちはわかりません。

私とはどうして同じ時間を過ごしたのでしょうか。

あんなに私を求めてくれたのは、彼も運命の人だと認識をしてくれたからではないのでしょうか。

彼と離れて一人の時間を過ごすと不安な気持ちになってしまいます。

あの時、実は私もその場の空気を読んで行動を起こしたのでしょうか。

もうわからなくなってしまいます。

何も言ってくれない彼の気持ちは電話占いで

熱く体を重ねた彼なのに、言葉は何もありません。

私と同じ気持ちならそれでもいいのですが、そうでないなら心配です。

そこで私は、人の気持ちを知ることができる電話占いを活用しようと思います。

透視や霊視を行うことのできる占い師さんがたくさん常駐しているそうで、電話口ので相談に乗ってもらえます。

そこで、何も言ってくれない彼の気持ちを聞いてみようと思います。

私と同じように感じてくれているのか、そうでないのか、とっても気になります。



惚れルンです

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?

コメントは受け付けていません。