斉藤由貴のダブル不倫と同じ状況の私はやっぱり彼と別れるべき?

私はテレビをつけて、自分を見ているような気分になりました。

不倫をしていることが私の生活の当たり前の一部になっていたことで、こんなにも人に責められて、イケナイことだと認識した瞬間でした。

斉藤由貴のダブル不倫を責めるコメンテーターの言葉に私は顔を下に向けてしまいそうになります

斉藤由貴と全く同じ状況です

斉藤由貴はもしかして自分なのか?と思うくらいに状況は酷似していると思います。

斉藤由貴は芸能人ですから、報道されていないこともあるのかもしれませんが。

違うところは私が30代であり、不倫している彼は歯医者だということです。

私は、33歳で結婚をして5年です。

3歳になる子供もいて、家族は仲良くくらしていたのです。

夫に対しても「これからもずっと一緒にいる相手なのだろうな」と思っていましたし、今でも思っています。

そんな私はやっぱり斉藤由貴に対する批判のような自分勝手な女なのでしょうね。

そして、家族ぐるみで彼が経営している歯医者にお世話になっているところも同じようです。

結婚をして新しく引っ越してきた地で、評判の良い歯医者が彼の歯医者でした。

口コミでも、優しくて丁寧で信頼できる歯医者ですという書き込みを見て、すぐに決めて通うようになりました。

彼を歯医者内で見かけた印象は、まだ同じ年齢くらいのイケメンというものでした。

同学年くらいに見えたので、開業医なんて凄いなぁとも尊敬の念も抱いたような気がします。

繊細な手をしていて、物腰も柔らか、説明も理路整然として分かりやすくすぐにこの歯医者に通う」ことを決めたのです。

夫も「いい先生」という評価で今も通っています。

子供にも子供目線で話をしてくれて、怖い歯医者さんというイメージをうちの子供は持っていません。

先生のことを知るチャンスが来た時の私の心の動き

ある検診の日に、診察台の上で治療が始まるのを待っていると受付の女性が「先生、奥様からお電話ですが」という声が聞こえてきました。

その瞬間、目の前が暗くなるような大きな衝撃を受けたのです。

私には大切な夫も子供もいるのに、どうしてこのような衝撃を感じたのか?

よくわからないけれど、涙が溢れてしまいそうで唇をグッと噛み締めたことを覚えています。

冷静さを取り戻し、先生の治療を受けている際にいつもは目を閉じているのを少しだけ開けてみました。

本当にそれは自然な流れで「先生の顔を見たい」と思ったのです。

この時に私は気付いてしまったのです。

夫のいる身でありながら先生に恋をしていることに。

ここでも軽く衝撃を受けましたが、それでも何だか納得をしてしまいます。

結婚をするとなかなか男性にドキドキすることもありません。

実際に歯医者の先生と交際をするなんてことにはなるはずがないのだから、この気持ちを楽しんでもいいかも?と思ったのです。

テレビや雑誌でアイドルを好きになるものと同じ、そう思いました。

彼の匂いにクラクラする

私はいつしか歯医者に通うのが楽しみになるちょっと変わった主婦になっていました。

だって、みんな歯医者はあまり好きではありませんよね。

虫歯の治療がなくても、検診には進んで通っています。

もちろん、子供の通院楽しみながらでウキウキしていました。

ある日、お昼の診察時間の終わり間際になっても治療が終わらないで、他の患者さんも帰り、残りは私一人になってしまいました。

子供は保育園に行っているのでいいのですが、こんなに足止めをされたのは初めてでした。

すると彼が「今日はすみませんでした、遅くになってしまって。実はこちらの手違いで予約を多くいれてしまっていて。〇〇さん(私のこと)は××にお住まいですよね。相当遅くなってしまいましたのでお送りします

なんと、自宅に先生自らが送ってくれるというのです。

驚きましたが、本当に時間をいつもよりも多く使ってしまったので、このくらいいいかなと思って、お言葉に甘えることにしました。

内心はそれはもうドキドキしていましたが。

彼の車が黒のスポーツカー。

運転席と助手席の距離が短く、治療をしてもらっている時の距離とは違うのですが、運転する顔も当たり前ですが整っていて綺麗です。

会話をしてみると、私よりも一回りも離れていることがわかりました。

同年代だと思っていましたが、案外年上で急に大人びて見えるので不思議です。

すると「僕のことどう思いますか?」と聞かれ手を握られてしまったのです。

私はその手を払うこともせずに彼の顔を見ていました。

これから何かが始まる。

辛いけれども、素敵な時間が私と彼の中で始まる、そう確信を持ちます。

信号で車が止まった瞬間に、キスをされて私は観念しました。

私は彼のことが好き。

そして彼が近くにいる時に感じる彼の匂いにクラクラして、ずっと自我を忘れてしまっています。

もうダメ。

このまま彼から離れることができない、気付いたらこんなにも好きになっていました。

彼にも奥さんがいてのダブル不倫です


私たちは、そのまま彼の運転でホテルに向かいました。

ホテルと言ってもいかがわしさ満点なものではなく清潔なビジネスホテル。

ホテルに入って私はドアの前で立ち尽くしていました、私には確かめなければならないことがあるからです。

「先生、奥さんいるんですよね?」

「いますが、あなたにも旦那さんいますよね?」

この言葉で私は理性を捨てることにしました。

もう、堕ちるところまで落ちよう。

いつかバチが当たるようなことがあるかもしれないけれど、それも甘んじて受け入れよう。

ただ今は彼に抱かれたい。

憧れの男性はいつしかとってもみ身近な存在になっていたようです。

斉藤由貴のダブル不倫もこのような気持ちで始まったのでしょうか。

イケナイことだと分かっている、お互いに既婚者でダブル不倫になってしまう「甘えてみたくなったんでしょうね」のあの言葉には嘘はないはずです。

だって、実際にダブル不倫をした私がそうだったのですから。

自分だけはバレない、だって好きなんだから仕方ないじゃない、そんな気持ちを言い訳にしてダブル不倫って始まるのだと思います。

私は守ってあげたいと男性が思うタイプの女性かどうかは分かりませんが、彼が歯医者という先生という立場でもある人なので、とても丁寧に扱われました。

肌に触れる彼の手は冷たくて、火照った私の体には心地よい。

夫以外に触れられることがどれだけ緊張し、身が強張ってしまうか初めて知りました。

それでも、体の中心から押し寄せてくる快感に逆らうつもりはありません。

イケナイことだという意識がまだ体に残っているようで、その思いも興奮を高めているようで刺激的です。

部屋に響き渡る音は私の?

「初めて見たときから素敵な女性だと思っていました」彼はキスの合間に教えてくれました。

「私も」そう答えるのはやっとで彼とのキス、そして愛撫に意識を失いそうです。

綺麗だよ、可愛いねと言われるたびに天に登りつめそうになってしまいます。

「いいんだよ、我慢しないで。僕も限界…」

と言いながら私たちは繋がり、その瞬間に頭の中が真っ白に。

意識が戻った時には私の上で彼が私を見つめながら腰を動かしています。

その度に部屋の中には「ピチャピチャ」と音が響きます。

これ、私の音だよね。

恥ずかしいやら、また体の中心があつくなるやらで理性を保つことができません。

こんなにも濡れたのは初めてです。

彼だからこそ、こんなにも気持ちいいSEXができた、本当にそう思います。

彼も息を切らしながら恍惚な表情を浮かべていましたので、満足してくれたはず。

これで、彼との関係は続く、そう確信して安心しました。

斉藤由貴の報道を見ると終わりが怖い

それからも普通に歯医者にも通い、彼との時間も堪能しています。

映画に行ったり食事をしたりデートをすることもあります。

私たちは有名人ではないので週刊誌に追いかけられることはありませんが、それでも誰かにバレることを恐れています。

それぞれに家庭がありますから、家庭を守っていきながらのダブル不倫だということは意識しているのです。

斉藤由貴の不倫報道を見て、不倫が周囲にバレてしまうと別れないといけないんだな、その現実を突きつけられました。

彼を取ると家庭を壊してしまうことにもなりますし、もちろん世間体のこともあります。

それに正直な話、子供のことは捨てられません。

最初の会見で子供が見るかもしれないから不倫していることを話せませんでした、という言葉はとても重かったですよね。

私はとても気持ちが分かりません。

斉藤由貴さんは、独身時代の不倫ははっきりでなくても認めてらっしゃいますもんね。

基本的に素直な方なのでしょうから。

私とほぼ同じような状況でダブル不倫をしている人の話しをあんなにも知る機会となってしまったことで、私の中で迷いが生じています。

やっぱり不倫はいけないことだから、まだ誰にもバレていないうちにやめようか、それとも彼のことがまだ好きだから続けるべきか。

彼はどのように考えているのだろう、と最近は抱かれていてもボォっと彼の顔を見てしまうことがあります。

終わりについて話しをしたことがありませんので、なかなか話題として振りにくいのが正直なところですね。

迷う私の答えを導き出してくれたのは電話占いでした

私は寝ずに悩みました。

でも、あぁでもないこぉでもないと考えが袋小路になってしまいます。

そんな時にお世話になったのが透視や霊視を得意とする占い師が在籍している電話占いです。

そこでは人に話せない不倫のことについても受け入れてくれて親身になってくれます。

私は相談をし、これからどうしたらいいのか分からないと素直に打ち明けました。

すると、「あなたたちは不倫はこのままだと破綻する、しかも大きなトラブルとなる」と出ていることを教えてもらいました。

でも、このままでは、ということです。

このまま不倫を続けるための方法と、別れるタイミングなども占ってもらったので、あとは答えを自分で出すだけです。

私の人生は私のもの。

トラブルを避けるための行動に出ることにしました。

私は斉藤由貴とは違う人生を歩みます。

The following two tabs change content below.
クリシェ

クリシェ

サイト運営者のCLICHE クリシェです。私も数年前まで年上の男性との不倫で悩んでいましたが、今は精神的にも落ち着き安らぎさえ感じています。 私がたどった不倫の解決への道のりをお伝えすることで、あなたの悩みが解決すれば幸いです。


惚れルンです

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?


コメントは受け付けていません。