セックスレスで悩んでる時、既婚者サークルに参加しちゃいました

夫とのセックスレスを経験して5年。

その5年はとても長いもので、様々な工夫をしてみて、最終的にはカウンセリングにもかかろうと思ったこともあり、私はほとほと疲れていました。

電話占いヴェルニ

そんな中でも諦めることができずに、悩み続けていた私は既婚者サークルなるものに誘われるままに足を運んだのです。

そこで出会ったのは、男として魅力的なあの人。既婚者サークルに行って、何が変わるの?と疑問を抱いていた私の人生は大きく変わることになるのです。

不倫は犯罪か?

私にはわかりませんが、それでも私には必要なことだったように思います。
私の不倫の全記録としてご紹介します。

セックスレス5年という事実

20歳の頃からの交際を経て23歳の時に夫とは結婚しました。

結婚当初もラブラブで、セックスレスなんて次元の違うものとして感じていました。しかし、どうしてか結婚して2年が経った頃からセックスの回数が減り、しまいには寝室が別々になってしまったのです。

夫のことは大好きですから、はじめは浮気を疑ったのですがきちんと定時で仕事を終え帰ってくるし、週末は私とずっと一緒に過ごしているのでその線は考えられず…

体の浮気だけでなく心の浮気?とも思いましたが、私のことを思いやってくれる姿に異変もありません。夫はその時30代になったばかりでしたから、仕事への責任なども少しずつ重くなったりと疲れていることからのセックスレスだと思っていました。

男性は精神的なものが性欲に影響するって言いますよね、今でもそうなんだと思っているのですが、原因を定められたからといって私の体の寂しさを軽減させることはできません。

家ではゆったりした気分で過ごせるように、マッサージをしたりアロマを焚いたり、寝室の雰囲気を変えてみたりしましたが、夫から誘ってくることはありません。

勇気を出して私から誘っても、「ごめん、今度にして」と言われてしまいます。

一度、二人できちんと話し合ったことがあります。夫は、どうして性欲が湧かないのか分からない、私への愛情は変わらずに持っているということ。

どうにもならないと思いながら、気付けば5年が経っていました。私は30歳になりましたが、それでもまだ元気です。仕事もバリバリしていますし、もちろん性欲だってあります。

私が既婚者だと知らない男性には食事に誘われることもあるので、正直、きちんと美容にも気を使っていて女性としての衰えはそれほどまだないはず、だと思っています。

夫のことを愛していますが、性欲が満たされないことに不満を感じるようになっていたのです。

友人に相談したことでの提案は「既婚者サークル

なかなか仲良しの友人でも、夫婦のセックスレスについては相談することができませんでした。

でも、これはもう自分たちの手には負えないことで、専門の知識をお借りした方がいいのではないか、と思うようになりました。

そう、カウンセリングです。

カウンセリングを受けることを悩んでいる話しを、私は友人に相談したんです。夫に「カウンセリングに行って欲しい」となかなか言えなかったのです。

昔からの友人で、私が長くセックスレスについて悩んでいることをはじめて打ち明けるととても驚いていましたが、最後まで静かに聞いてくれたのはとても有り難かったですね。

私ははけ口がなくて悩んでいたことに気付くこともできました。友人に話しを聞いてもらうと幾分、気持ちも楽になり、どうにか進んでいかないとなと前向きな気持ちにもなっていました。

そして最後に友人に、「あなたも息抜きが必要な時だと思うよ、どう一緒にいってみない?」と誘われたのが既婚者サークルだったのです。

既婚者サークルについての知識のなかった私は、友人に教えてもらいました。大人になってからの友達作りって意外に難しいこと。

既婚者ばかりなので、気が楽に楽しめること。決していかがわしいものではなく、食事会のようなもの。

確かに、新しい出会いって大人になるとないもので、私は夫とのセックスレスについての悩みを5年も抱えていて、自分を出すことが減っていたように思います。

これも経験だと思って、私は友人に誘われるまま既婚者サークルに参加することとなりました。

そこで出会ったのは理解ある大人たち

私が参加した既婚者サークルは友人のおすすめもあって、30代から45歳までの男女が集まる会でした。

その日は土曜日でランチタイムでも優雅なお食事会に、既婚者サークルを心のどこかで怪しむ気持は吹き飛んだことを覚えています。

だって、何だか怪しい響きですよね。
W不倫を目的としているようで…

しかし、そこに集まった人たちは男女問わず素敵な大人ばかりで、日々の悩みや思っていることなどの意見交換のような雰囲気もあり、理解ある人たちばかりな印象。

いかがわしい出会いを求めているような雰囲気は微塵もなく、楽しく過ごすことができました。

こういうのもたまにはいいかも…

そんな風に感じている時に一緒にお話をしていたのは37歳の男性でした。話しは面白く、多くの知識をお持ちの方で夫とは違うおおらかさのようなものを感じました。

もちろん既婚者で、この方の奥さんは幸せなんだろうなと想像してしまい、その想像は彼が奥さんとセックスをする場面にまで至ってしまい「私はセックスレスで異常になっているんだな」と苦笑してしまいました。

それでも、どうしてかその彼の手を見て、唇を見てしまう…本格的にやばいな、私もカウンセリングを受けるべきなんだろうか。

連絡先を交換しませんか?

「連絡先を交換しませんか?」

彼に言われてハッとしました。

「あぁ、はい」

と何とも間抜けな返事をしてしまい、また苦笑。参加されていたみなさん素敵で、既婚者サークルに連れていってくれた友人には感謝しまいた。

それから3日が過ぎ、あの彼から連絡がきました。

それからはメールのやり取りをするようになり、男女の友情ってあるのかも、この人とはずっと関係を持っていたいなと感じていました。それからすぐに、食事のお誘いをもらいまいた。普段は男性からの誘いは全て断ります。

私は既婚者ですから、夫が少しでも嫌がることはするべきではないと思っていましたから。しかし、彼は一度、多くの人数でということですが食事をした仲ですから、お受けすることにしました。

今思えばそれは言い訳ですね。

私は彼に会いたかったのです。

そして、抱かれたかった。。。

私の性欲を満たし、私の心も満たして欲しかった、そんな下心を持っていたことを否定することはありません。

彼がこの時、どのような気持ちでいたかは想像するしかありませんが、彼もきっと同じような思いだったと信じています。待ち合わせ場所にいた彼は、若々しく背の高い姿で私を待っています。

私を見かけた彼は、意地悪く口角をあげた姿は「同罪」という意味なのかな?しかし、そんな姿さえもドキドキさせられ、夫に向かう気持ちとは違うものであり、そして懐かしさも感じるものです。

夕飯を一緒に、ということだったので、おしゃれなディナーを予約してくれていました。

夫には「今日は遅くなるから」と伝えています。

食事中にも楽しい話題を繰り広げてくれながらも、私から目線を逸らさない彼の視線に私も釘づけ。食事が終わり、お店を出た時にはもう手を繋いでいました。

行き先はお互いに分かっていました

そして行き先はお互いに分かっていました。

一度、私の顔を覗き込んだのは、私の意思を確認するためだったのでしょう。ホテルで受付し、エレベーターに乗った瞬間から私の体が疼くのが分かります。

彼はとても余裕の表情を浮かべていて、悔しいのと恥ずかしいので私の方が背伸びをして彼にキスをしました。

それでも涼しい顔をしています。

部屋に入り、鍵がかかったことを確認して私は彼にもう一度キスをしながら押し倒します。私から男性を襲っているようで興奮しますが、こんなことをするのはこの時がはじめてです。

でも、涼しい顔をしていても彼も反応していることは分かっているので、心の中はニタニタしていました。

服を脱がしながら、キスをして、私も服を脱いで。

彼が私の体を触ろうとしてもその手をふりほどき、私は彼の体を気持ちよくなるように責めます。

お互いに下着だけになっても、局部を擦り付けながら前戯を続けていると、彼は「もう我慢できない、出ちゃうよ」と言いながら形勢は逆転。

私の柔らかくなった所をこれでもか!というくらいに責めてきて私は陥落。

もうどうなってもいい。

久しぶりの感覚に身を埋め、夫のことや夫とのセックスレスについて考えるのはやめて、彼に溺れようと理性を手放しました。

気付いた時には、私は彼の腕の中にいておでこにキスをされていました。満たされた気持ちの中で、そのキスは優しさを感じ、愛情も感じたのは気のせいではありません。

私はこれからどうなっていくの?

あれから1年が経ちました。

私は既婚者サークルには時々顔をだして、交流をたくさんすることで夫とのセックスレスには目を向けないようになりました。

それは、やはり彼との関係がそうさせているのかもしれませんね。今でも思いやりとともにおでこへのキスをしてくれます。

でも、彼の気持ちは何も伝えられていなので、分からない、それだけが悩みとなっています。

そんな時に見つけたのが電話占いです。

有名な占い師さんが在籍していて、遠く離れていても透視や霊視で彼の気持ちを探ってもらえるものでした。

すぐに電話占いをしてみると、「彼は彼の全てを使ってあなたに愛情を表現していますよ」と優しい口調で伝えられました。

夫のことも愛してはいますが、私の人生にとって彼の存在はとても大きなものです。セックスレスによって夫婦感のちょっとしたギスギスしたものもなくなりましたし、私から夫を誘うこともなくなり、あの頃よりも夫婦関係は良好になっています。

彼のことも愛していますし、愛し合っていることにホッとしました。私は私のためにも彼との関係をこれからの大切にしていきたい、不倫かもしれませんがとても大事な出会いを果たすことができた既婚者サークルには感謝しています。


不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?

コメントは受け付けていません。