料理教室に現れたイケメン既婚者と不倫関係になった25歳独身OLの結末は?

私は結婚をしたい25歳のOLです。

まだ相手が見つかっていたわけではありませんが、いい奥さんになりたくて料理教室に行くことにしたことが私の人生を一つ変えたターニングポイントとなりました。

そこでの出会いは私に切ない恋があることを教えてくれました。

好きになった人が既婚者であった場合、私はどうしたらよかったのかは今でも考えてしまっています。

登録は無料!今なら豪華初回特典付き!

花嫁修業として料理教室にいくことに

私は花嫁修業として料理教室にいくことにしました。

料理で男の胃袋を掴むと言いますし、出来ないよりも出来た方が絶対にいいことで、自分のアピールポイントになると思いました。

結婚相手を見つけて、実際に結婚をすると旦那様のために美味しい料理を出せる妻に憧れてもいます。

家事はしっかりと出来て、「美味しい」と言ってもらえる料理ならば、きっと自宅にも早く帰って来てくれますし、幸せな家庭を目指せると思っていました。

料理教室には、私と同じような気持ちの人やもう主婦として生活をしている女性がたくさん来ていました。

料理教室に現れた超イケメン男性現る

そんな料理教室に、珍しく男性が入ってくることが分かりました。

男性も一定数通われている人がいますが、それでも私が習っていた料理教室では少なかったので驚きました。

しかし、料理をする男性も増えていますし、とても興味を持っていたのです。

そして当日現れたのは背が高いモデルみたいなイケメンでした。

「なんでこんな人が料理を習うの?」「場違いみたい」

と正直感じました。

目がキリっとしていて、それでも口角が上がっていますので優しい雰囲気の男性でした。

私は、もともと楽しく通ってはいましたが、より料理教室の日が待ち遠しくなっていたので、もしかすると一目ぼれだったのかもしれません。

ドジなイケメンの彼の姿に恋心が芽生えたのです

イケメンは何をしても格好いいという常識を覆してくれる姿がそこにありました。

彼はとっても料理が苦手なようです。

包丁が使えないだけでなく、フライパンの振り方もぎこちない。

せっかく盛り付けたものを盛大にひっくり返したこともある、ある意味ドジッコだったのです。

申し訳なさそうにする顔はちょっと怒られてしまった犬のよう。

とてつもないドジなのですが、やはり顔を見るとイケメンというアンバランスさで料理教室では愛すべき存在となっていました。

ただ、先生だけは頭を抱えていましたが…

「料理教室に通おうとも思うわね」

と同情心からも愛されている姿が見てとれます。

イケメン彼と電車が同じで会話をするように

彼と何度か料理教室が同じになった時に気付いたことは、利用する電車が同じだということです。

私はかなりの時間電車に乗っていますが、彼はもっと向こうの駅で降りるようで「遠くから来ているんだな」と思っていました。

その日も同じように電車に乗ると、彼は私がいることに気づきました。

「一緒だったんですね」と言われて「今頃気付いたんだ」と苦笑いをしてしまったことをよく覚えています。

それからは、帰りは料理教室から一緒に駅までいき、同じ電車に乗って帰るようになりました。

「これってすごくいい感じじゃないかな」「ここから恋に発展しちゃう!」「こんな素敵な旦那さん欲しい!」

と舞い上がっている私がいます。

話をたくさんするようになりましたが基本的には料理についてで、勉強熱心で真面目な人だという新しい印象を持ちました。

なんといイケメンの彼は既婚者でした…

帰りの電車の中でふと聞いてみることにしました。

「どうして料理教室に通おうと思ったの?上手になりたかった?」

「実は奥さんを怒らしちゃって。奥さんが具合悪い時におかゆを作ろうとしたら、ちょっとどころではないマズさで…」

えっ?奥さん?

なた既婚者なの?

驚き過ぎて声が出ない私の理由を誤解してか「やっぱり引くよね。本当に料理のセンスがないことが嫌になっちゃってさ。」と続けて答えていました。

そこから彼と何を話してどうやって自宅に戻ったのか分かりません。

一つ言えることは、私の恋は諦めなければならないということです。

どれだけ好きでも既婚者との関係は結婚に繋がらない…

既婚者のイケメンの彼に気持ちだけでも伝えたい!

それからたくさんのことを考えました。

私の恋心のこと、彼が既婚者だということ、「料理教室もやめようかな」とも思いました。

なかなか諦めきれないくらいに好きになっていたことに気付いてしまったのです。

…どうしよう…どうしよう。

諦めるためにも、気持ちを伝えなければ私は前に進めない!と思いました。

身勝手な行動ですが、気持ちを伝えて玉砕する方がすっきりする私の性格です。

彼のことを困らせてしまうかもしれませんが、もうそれしか前進する方法を見つけられません。

彼の言葉は「好きだけど…このままの関係で」

料理教室の日、気持ちを伝える覚悟をして一日を過ごしました。

笑って気持ちを伝えて笑って終わろうと決めていたので、料理教室の間も普段通りの行いを意識していました。

帰り道は今日も彼と一緒です。

話をするごとに距離が近づいているのは、心だけではなく体もそうだと思っていました。

今では肩が触れるくらいの距離で歩くことが普通です。

勝手に恋が進むと思っていましたが、この状態なら仕方ないよねと自嘲気味に笑いました。

そして

「ごめんなさい、こんなことを伝えられても困ることは承知の上なんだけど、私あなたのことを好きになったの」

「どうこうなりたいわけではないから、気持ちだけ伝えたいと思って」

彼は驚いていました。

そしてとても言いにくそうに

「僕も好きだと思う、でもこのままの関係でいて欲しい」

と何とも言えない言葉。

彼も私のことが好き、だけど既婚者だから関係を作るわけにはいかないということ。

余計にどうしたらいいのか分からずに、私は彼と一緒に電車に乗り込みました。

イケメンの既婚男性と帰りに電車の中で・・

電車は混んでいて、私たちは体をくっつけるようにして立っていました。

電車がカーブに差し掛かると、私が倒れないように彼が踏ん張ってくれていることが分かって切なくなります。

涙が出そうになって下を向こうとした瞬間、彼はそっと私にキスをしたのです。

混雑しているので顔が近づくこともありますから、周りにはバレていないはず。

「やっぱりこのままなんて無理かもしれない」

と彼は呟いて私の首筋に顔を埋めました。

私の両足の間に彼は足を入れてきました。

彼のモノが私の敏感な部分に当たります。

そして私の下着の隙間からそっと指を入れてきたのです。

ぐちょぐちょになっていることが自分でもわかり、電車の中なのにとても興奮してしまう…

指を出し入れする快感に耐えられなくなって声が出そう。

必死に彼にしがみついて我慢していることも興奮材料になる。

そして、私は電車の中で彼にイカされてしまったのです。

彼は私のことをどう思っているのだろう?

電車が私が降りる駅につき「続きはまた今度で」とだけ言ったところでドアが閉まりました。

私は急いで自宅に帰り、困った時にいつも相談している占い師さんに電話占いを通して話を聞いてもらいまいた。

「彼はどうしたいのでしょうか。彼の本心が知りたいです」

すると。

「彼はあなたに興味を抱いているのは本当。でもそれは彼のマイナスな部分を受け入れてくれたことに対する感謝の気持ちが混じっているようよ。本当の愛じゃないから、引き下がるなら今でしょう」

内心、そうだよねと思いました。

私の気持ちに感化されたのだと思います。

やっぱり私は幸せな結婚をしたいので、彼とはもう会わないように料理教室をやめることにしました。

The following two tabs change content below.
クリシェ

クリシェ

サイト運営者のCLICHE クリシェです。私も数年前まで年上の男性との不倫で悩んでいましたが、今は精神的にも落ち着き安らぎさえ感じています。 私がたどった不倫の解決への道のりをお伝えすることで、あなたの悩みが解決すれば幸いです。


惚れルンです

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?


コメントを残す