不倫の出会い系サイトを見つけた私…体を癒してくれる男性を見つけて

私は我慢が出来ない女なのかもしれません。

自分でも驚いています。

全くいい奥さんではないことも分かっています。

出会い系サイトで男性を見つけて相手をしてもらうなんて…

でも、出会ってしまったのだから仕方ないし、私の気持ちが揺れ動いているのは事実なのです…

登録は無料!今なら豪華初回特典付き!

33歳小梨の普通の主婦の私です

私は今33歳、5年前に今の旦那と結婚しました。

仕事も忙しく、そして楽しい時期で「子供は先でいいね」と夫婦了解のもと子作りはしていませんでした。

といっても、新婚当初は避妊をしっかりとして夫婦生活はありました。

私も33歳になり、夫は38歳ですので「これから子供を育てるのは大変かな」とお互いに感じており「小梨(子供がいない)」でも素敵な夫婦でいようと思っていたはずです。

世の中には選択小梨で幸せに暮らしている夫婦はごまんとして、私はそれでいいと思っています。

だからといって、夫との関係が崩れそうになるとは思っていませんでしたが…

セックスレスが辛すぎて喧嘩ばかり

小梨を決定してしばらくすると、旦那は私とセックスをしなくなりました。

誘っても「疲れている」「また今度にしてくれ」と言われます。

私は旦那に抱かれないことがとても寂しく悲しくて、つい感情的になってしまうことも多々ありました。

「セックスは子供を作るための作業で、家族のきみとはそういうのはなくてもいいと思っている」

はっきり言われました。

私は、旦那に抱かれることで幸せを感じ、愛情を与えられることで生きる活力にもなっていました。

それなのに、私とセックスしたくないなんて…

旦那の浮気を疑いましたが、一切そういったことはないようで、あの言葉は本心だったようで、また悲しくなり、そして喧嘩の繰り返しです。

セックスをする、しないで毎晩夫婦喧嘩

セックスをする、しないで夫婦喧嘩を毎晩のようにして、時にはお互いに冷静になって話し合いをしたりもしていました。

どうしてセックスがしたいのか、どうしてセックスをしたくないのか、真面目な顔をして。

そんな状況をふと虚しいと思ったのです。

愛し合う二人のセックスは自発的にしなければ、やらされていても意味がないことに気付いたからでしょう。

お願いしてセックスをしてもらうなんて、私のプライドとしても許せない部分がありました。

私はいつしか、セックスで愛情を感じたいという気持ちから、セックスをすること自体に考えが固視していたようにも思えます。

恥ずかしい思いにもなり、「もう二度と旦那とはセックスの話をしたくない」と思ったのです。

不倫の出会い系サイトを使ってみたんです

出会い系サイトの存在は知っていましたが、ある日「不倫専用」の出会い系サイトを見つけました。

既婚者が集まり、やり取りをして出会いを果たすもののようです。

登録も必要ないもので、掲示板のようなやり取りやじかにメッセージができる機能もありました。

何人かの男性からメッセージが来て、やり取りを始めました。

最初は会ってどうこうしようと思っていたわけではありません。

何となく、自分と境遇に似た人がいないかなと思っていました。

リアルの友達にセックスレスで悩んでいるとは言いにくいものですから、出会い系サイトの中で相談するようにしていました。

話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなったことは今でも覚えています。

出会い系サイトの彼から「会いたい」と言われて

やり取りをしている内の一人の男性から「会いたい」と言われました。

その男性は、私の話しを最後まで聞いてくれて共感してくれる人でした。

少し、甘えている部分も私にはあったように思います。

メッセージの中なのに包まれているような不思議な感覚を抱いていましたので、会うことは二つ返事で了承しました。

相手の男性ももちろん既婚者ですが、単身赴任で私の住む地域に一人で来られているそうです。

休日に旦那には「同級生と遊ぶ」と言って出掛けることに。

もともと小梨夫婦ですので、自由さがあり何か疑われるようなこともなく出掛けることが出来ました。

出会い系サイトで知り合った彼との初デート

初めて会う人との待ち合わせは大変です。

何となくの雰囲気ですから、お互いに「もしかして?」みたいな感じでした。

しかし、そこからは一気に距離が縮まったと思います、会うまでにたくさんやり取りをしましたので。

彼は私よりも2つ年上、中肉中背ですがとってもおっとりしていて優しい雰囲気の持ち主です。

食事場所に選んでくれていたレストランも居心地がよく食事もとても美味しかったです。

食事に「美味しい」と思ったのは久しぶりです。

そして何よりも会話が楽しくて。

男性と笑って話すこともとうぶんありませんでしたので、とても新鮮でこの空間が夢のようにも感じました。

すごく前向きな男性、そこも素敵です。

私を彼で満たして欲しくて・・

会話が弾んでいて、「帰りたくない」と思いました。

もっと楽しい時間を彼と過ごしたかったのです。

このまま帰って旦那の顔を見たら落ち込んでしまいそうで。

何よりも私を彼で満たして欲しくて、やはり欲求不満だったのでしょうね。

我慢できないくらいに熱い視線を投げてしまっていると、彼は「時間あるなら行こうか」と誘ってくれました。

これこそ、不倫の出会い系サイトを使った甲斐があったというものです。

焦らされるテクニックにどうにかなりそう

ホテルに向かう間、自問自答はしました。

不倫はイケナイことです。しかし旦那がセックスしてくれないのなら私は他の男性とするしかないと、最後の決断を下しました。

ホテルにつくなり、彼は私を抱きしめてきました。

今日は久しぶりのことが多くて、興奮度も高まります。

彼のおっとりした雰囲気が一瞬にして変わったことが分かり、私が求めていたものをそこに見つけたのです。

「私を求める男の目」です。

早く!早く!と思うほど焦らされるテクニックにどうにかなりそう…

でも彼の目は私を捉えて離しません。

私も欲しくて欲しくて最後は泣いて懇願し、一気に突き抜いていきました。

その瞬間にやってきたのは、大きな山を越えていく快感、きつく締まった私の中で彼のモノも一段と大きくなりました。

セックスして彼のことに気持ちがいってしまった

すっきりした気分で家に帰ると、何だか旦那にも優しくなれます。

そこには浮気した後ろめたさもあったのかもしれません。

その日の夜、ベッドに横になって思い出すのは彼のことでした。

「また会いたいな・・。」

自然に自分の手が下に伸びていき、彼とのことを思い出して一人でしてしまいました。

そして、片思いのような気分になっています。

セックスして彼のことに気持ちがいってしまったようです。

愛されるセックスを求めていた私が満足したしたのですから、やっぱり私たちの間には愛があったのだと思います。

自分と彼の気持ちを確認して決めたこと

私は正直、旦那がいいのか彼がいいのかは分からない状態でした。

そして、彼の気持ちも知りたいと思い、電話占いをすることにしました。

以前、旦那と結婚する時にお世話になったことがあり、ズバズバ当てられてアドバイス通りにすると事態が良くなったことがあるのです。

透視をしてくれて、今回は彼の気持ちを知ることに。

「不倫が目的というだけで、あなたの全てを求めているわけじゃないわね。それよりもあなたはもっと素直になった方がいい。愛している人には愛していると言わなければ伝わらないわよ」

それは旦那とのことを言っているとすぐに分かりました。

私は彼を旦那の変わりにしようとしていただけだと理解させられました。

彼とのことを忘れるつもりはありませんが、これからは旦那ともっと真剣に気持ちの面で向き合おうと決めました。

The following two tabs change content below.
クリシェ

クリシェ

サイト運営者のCLICHE クリシェです。私も数年前まで年上の男性との不倫で悩んでいましたが、今は精神的にも落ち着き安らぎさえ感じています。 私がたどった不倫の解決への道のりをお伝えすることで、あなたの悩みが解決すれば幸いです。


惚れルンです

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?


コメントを残す