旦那に嫌気がさしてあるときダブル不倫へ!これからどうしたらいいのだろう・・

結婚して2年、私は23歳ですがすでに旦那とうまくいっていません。

これからもずっとこんな生活が続くのかと思うと不安な気持ちでいっぱいでした。

そんな時に知り合った既婚者の男性が私の人生にきっかけを与えてくれたのです。

私にとってダブル不倫は必要なことだったと思います。

登録は無料!今なら豪華初回特典付き!

どうしてこんな旦那と結婚したのだろう

価値観が合わなければお互いが歩み寄ればいい、喧嘩をすれば仲直りをすればいい。

しかし、私の旦那のようにギャンブルにはまり、家庭を困窮させている場合にはどうしたらいいのでしょうか。

若くして結婚したから間違ったと思いたくなくて、私は一生懸命に旦那を変えて普通の家庭を築こうと努力をしてきました。

しかし、なかなか旦那は変わらない。

結婚してから始めたギャンブルですから、私にはどうすることもできなかったというのは正直な気持ちです。

「どうしてこんな旦那と結婚したのだろう」そう思わずにはいられません。

私だって、もっと明るく笑顔で毎日を過ごしたと感じてしまいます。

友人の友人とばったり

仕事ばかりしている私を見兼ねて、学生時代からの友人に「息抜きに行こうよ」と誘われました。

追い詰めている気持ちから逃れたい、誰かに話しを聞いた欲しいという思いから二つ返事で了承することにしました。

仕事が終わってから友達と会うことにしました。

ダイニングバーで色々と話を聞いてもらっていると、

「久しぶりだね」

と友達に声をかけてきた男性がいました。

背が高くて爽やかな、仕事は営業マンっぽいノリの男性。

少し声を掛け合い、すぐに元のデーブルに戻っていきました。

友達に聞くと、仕事関係の知り合いらしく、やっぱり営業マンだそうで苦笑してしまいました。

「でも、あぁみえてバリバリに仕事するんだよ」

と見た目は軽めだけど、と付け足して友達は笑っていました。

つられて笑うと「あんたは笑ってた方がいいよ」とボソッと告げられて、心配をかけていることを反省しました。

「気になるあの人」と「一緒にいたくない旦那」

友達と久しぶりに有意義な時間を過ごして帰宅して考えることは、さっきダイニングバーで出会った男性のことです。

軽い男性が好きというわけではなく、何だか気になる、今度会ったら話をしてみたいなと感じていました。

底抜けに明るい笑顔が印象に残っていたからかもしれません。

お風呂にも入り、ベッドに入った時に旦那が帰ってきました。

そのまま私のベッドに潜り込み、私を抱きます。

これはギャンブルに負けて、感情を爆発させない方法だそうで、いつも私は無感情で抱かれるのです。

「触って欲しくない。一緒にいたくない」と思いながら。

カフェで再開してしまった彼・・

次の日の仕事の休憩時間に、私はカフェに行くことにしました。

何となく昨日から1人になりたくて…

食欲がないのでコーヒーだけを頼んで席についたところに、なんと昨日の男性がいたのです。

相手も私に気づき、「昨日いたよね?」と声をかけてくれました。

何とも気軽でラフな男性なのでしょう。

しかし、私にとってはそのくらいフランクに来られた方がいいような気がしていました。

どん底にいる私を引き上げてくれるようなパワーを感じてしまいます。

彼も一人でランチらしくて「一緒でもいい?」と聞かれたので「どうぞ」と笑顔で答えました。

素敵な笑顔で答えられたかどうかが気になる私はやはりもう恋をしていたんだと思います。

えっ!同じ既婚者で親近感が湧いてきて・・

私はコーヒー、彼はパスタを食べながら、お互いの仕事や共通の友達について話していました。

ほぼ初対面なので、昔から知っているような感覚になるのは、昨日の夜ずっと彼のことを考えていたからでしょうか。

そして発覚したのは、お互いが既婚者であるということ。

彼は私よりも2つ年上の25歳、お互いに若いですから驚いていました。

既婚者ということで一気に親近感が湧いてきて、お互いの家庭について話しをするように。

私には子供はまだいませんが、彼には2人いるそうで写真も見せてくれました。

「奥さんの写真は?」と聞いたら「それはない」と言われ、もしかしてうちと同じように問題でも抱えているのかなと思いました。

男心をぶっちゃけ相談してみたところ

話しをするのも上手、聞くのも上手な営業マンの彼に男心についての相談をすることにしました。

どうしても聞いてみたかったのです。

「愛する女性を傷つけるとわかっていて、悪いことをするのはどういうこと?」

「うーん、それは愛していないよね、そもそも」

私は旦那から愛されていると思っていたのです。

しかし、彼からの言葉を聞いて、目から鱗がこぼれるような気持ちになりました。

泣きそうな気持ちを堪えて、「そうかもしれないね」と答えることでいっぱいです。

「旦那がもし、きみを傷つけていることや悩ませていることを知っているのなら、きみは甘えられているだけだと思うよ」

静かに告げてくれた言葉は、ノリのいい営業マンではありませんでした。

「寄りかかりたい!」「悲しみを受け止めてくれるかもしれない!」

「この人に寄りかかりたい」「私の今の悲しみを受け止めてくれるかもしれない」

そんな風に感じている私がいました。

今は仕事の休憩時間、私たちは連絡先を交換して別れることにしました。

彼からの言葉がぐるぐるして、「彼は私の心の中が分かっちゃう人なのかも」なんて思っていました。

もっと話を聞いてほしい、また会いたい。

午後の仕事中に彼から連絡がありました。

「何だか1人にしてはいけない気がして。仕事が終わって会える?」

私は考える余地のないこと、と思いすぐに「OK」の返事をしました。

「慰めるけど?」その言葉の意味はわかります

昨日会ったダイニングバーで待ち合わせをして、食事をしている時に真面目な顔をして彼は

「慰めるけど?」

と言ってきました。

私ももう大人なのでその言葉の意味はわかります。

すでにもう依存してしまいそうな気持ちになっているので、このまま旦那が待つ自宅に帰るという選択肢はありません。

彼は支払いをして、私の手を引き、ホテルまで歩きました。

ホテルに入ると、いつものノリのいい彼の雰囲気は消え、それは丁寧に私の体を愛でてくれます。

私の体から吹き出るひとしずくも逃さまいと常にどこかに唇を這わしています。

ゾクゾクするような快感を味わい、私の体は彼のものになっているような気がします。

いつもの旦那とのセックスは体を差し出しているだけで、感情は無で「気持ちいい」という感覚はないのです。

彼は私の気持ちのいい場所を探してくれている、愛してくれていることが分かるエキゾチックな雰囲気のものでした。

ダブル不倫の先の私が決めた決断とは?

私たちは連絡を取り合って、時々会っては食事をしたり、私の話しを聞いてくれたり、体を重ねたり。

ダブル不倫と言われているような関係です。

言葉は一切ありませんが、彼は私に優しさだけを与えてくれて、いつも癒してくれていました。

「私はこれからどうしたらいいのだろう」と悩んでいたところに、電話で占いができて霊視によって人の気持ちを視てくれる鑑定師がいることを知ったのです。

すぐに電話をして、ありのままの状況と自分の素直な気持ちを伝えました。

すると

「彼は、あなたを救うためにあなたの前に現れての。そろそろ使命は終わりを迎えるわね。だから、あなたは旦那との決別のチャンスだと捉えなければ幸せを掴むことにはならないわよ」

と言われました。

ハッとしました。

私を救うために現れたことのだから、私はここで勇気を出してギャンブル狂の旦那との離婚を決め、そして彼とも別れることにしました。

The following two tabs change content below.
クリシェ

クリシェ

サイト運営者のCLICHE クリシェです。私も数年前まで年上の男性との不倫で悩んでいましたが、今は精神的にも落ち着き安らぎさえ感じています。 私がたどった不倫の解決への道のりをお伝えすることで、あなたの悩みが解決すれば幸いです。


惚れルンです

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?


コメントを残す