私遊ばれてる?男性がヤリモク女に取るセックス態度4つ

好きな男性と体の関係を持ったけれど、相手の愛情が感じられず不安になってしまう女性もいるようです。「もしかして私、体だけのヤリモク女にされてる?」と感じながらズルズルと関係を続けて泥沼にハマってしまうケースも。

男性は、ヤリモクの女性と本命の女性とのセックスに大きな違いを出す生き物だと言われています。

彼のセックスの傾向をチェックすれば、自分が遊ばれているのかそうでないのかが明確に解ってしまうのだとか。今回は、私遊ばれてる?男性がヤリモク女に取るセックス態度4つをお届けします。

デートにお金をかけない、ホテルデートが多い

彼に誘われるのが夜ばかり、あるいは簡単に食事を済ませたらそのままホテルと言う流れが出来上がっている場合、遊ばれている可能性が高いでしょう。

男性は、時間をお金のように考えている人が多く、エッチだけ目的とした女性に無駄な時間やお金を使いたくないと考えます。

ヤリモク女に対しては、出来るだけ短時間、なおかつ低出費で女を抱けないかと考えているのが男性。デートがいい加減で、お金をかけてもらえず、ホテルばかりに誘われるようなら大事にされていない証拠だと考えたほうが良さそうです。

前戯がおざなりでクンニをしない

体だけのセックスの相手には、前戯をそれほどしないみたい。
キスもちょっと、胸を少し揉んだら大して濡れてもいないのに挿入。

そんなセックスばかりが続いているなら「大事にされていない証拠」または「ヤリモク女」にされている可能性が高いです。

また、男性は、好きじゃない女性でもセックスは出来てしまいますが、アソコを舐めない人が多いです。好きな人とセックスをする時男性は、相手の感じている顔を見たいとか、もっと気持ちよくさせてあげたいと思うので自然と前戯が長くなるもの。

前戯がザツな男性は「貴女の事もザツに思っている」という証拠です。

賢者タイムが長く、態度がメチャ冷たい

男性は、射精後何も考えられない状態(賢者タイム)になります。
それはどんな男性でも同じようになるもの。

でも、本命の彼女が隣に居た場合、賢者タイムを見せて嫌われるのが嫌なので、腕枕をしたり、キスやイチャイチャなどをして遊んでくれるのが普通です。

でも、セックスだけのヤリモク女の場合嫌われても別にかまわないという本心がにじみ出てしまうので、すぐにタバコを吸いにベットを離れたり、口を利かなくなったり、体に触るとあからさまに嫌な顔をしたりします。

自分の性的欲求だけをぶつけてくる

本命の彼女であれば、彼女が気持ちいい部分をしっかりと覚えていて、二回目、3回目とその部分を重点的に攻めてくれるのが普通。

でも、ヤリモク女に対しては、そんな事をしなくてもイイやと自分勝手なセックスをしてしまうのが男性です。

入れたらこちらの気持ちよさなどお構いナシで、さっさとイったり、時間がまだあるからと、女性が疲れていると訴えても何度も挿入したり。思いやりの無い態度が見られないセックスばかりをする場合は、都合よく使われている証拠だと思ってよいでしょう。

セックス中の行動をチェック!

もしかして・・・と心当たりのある方は一度しっかりと彼のセックス中の行動をチェックしてみるのが良いかもしれません。

自分だけ相手を大切に思っていて、相手からは都合よく使われる。こんな悲しい恋愛はありませんよね。自分に無利益の男性は、見切りをつけて新しい恋を探すほうがずっと充実したラブライフを送ることができるはずです。

The following two tabs change content below.
クリシェ

クリシェ

サイト運営者のCLICHE クリシェです。私も数年前まで年上の男性との不倫で悩んでいましたが、今は精神的にも落ち着き安らぎさえ感じています。 私がたどった不倫の解決への道のりをお伝えすることで、あなたの悩みが解決すれば幸いです。


惚れルンです

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?


コメントは受け付けていません。