セックスのつまらない女にならないための3つの秘策

男性は胃袋とおちんちんを掴んで置けば逃げない!

そんな風に昔から言われていますよね。寝っ転がって彼を受け止めるだけのセックスをしていると、彼はすぐに違う女性の元へ駆け出してしまうかも。

浮気防止のためにも、つまらないセックスをする「セックスつまらない女」を今すぐ卒業しましょう。彼を繋ぎ止めたい女性に向けて。

セックスつまらない女にならないための3つの秘策をお教えしちゃいます。

○○したいが言える女になる

交際暦が長くなるとどんなカップルもマンネリは来ます。でも、そこで男性だけにセックスの内容を決めてもらうカップルはすぐに破局かセックスレスになってしまうと言われているんですよ。

知恵は、1人よりも2人で出し合うとバリエーションも増えるはず。

セックスでも自分がやってみたい事を彼にどしどしリクエストできちゃう女性は「コイツ面白いじゃん」と彼のセックスのやる気を上げる事もできますよ。

男性も自身「こんなことしたら嫌われちゃうかな」「やってみたいけど言えない」と気を使っている事も多いので、女性の方から積極的に「○○しよう」と言ってみましょう。

良いか悪いかはっきり言える女性になる

男性は、セックステクニックは誰に教えられるわけでもなく、独学で学ぶことが普通です。ですから、「本当にこれで大丈夫かな」と不安を持ちながらセックスしている人も多いんですって。

「ここどう?」「ここ気持ち良いかな?」と聞かれたとき、女性は恥ずかしくて答えられない人も多いと思います。

でも、はっきり良いか悪いかを伝えてもらった方が男性としたら「もっと気持ちよくしてやろう」とやる気が出るみたい。

「下手」「ヤダ」というテクニックを否定する言葉ではなく、「ここをこんな風に触ってもらいたい」という意見は遠慮せずに言った方が良さそう。

恥ずかしがらない女になる

女性ですから「恥じらい」を捨てるのはよくありません。

でも、セックスをしている時は、その恥じらいを捨てぶつかる方が男性から喜ばれることが多いみたい。

「電気を消して」と真っ暗な部屋でセックスをしているカップルも居ると思いますが、男性の正直な意見を聞いたところ「暗くて手探りで何してるか、誰とやってるかわからないから面白くない」との事。

誰とやっているかわからないなんて、そんな悲しいこと言われるくらいなら電気だってつけちゃいますよね(笑)セックス開始のゴングがなったら、恥ずかしい恥ずかしいとばかり言うのはあまり良くないことなのかも。

思い切って、快感におぼれてしまった方が男性はうれしいと感じるようです。

セックスの秘策いかがでしたか?

男性は、セックスが始まる前までは女性に恥じらいを求めているけれど、始まってしまったら、恥じらいを脱ぎ捨て積極性を見せて欲しいと思っているようです。

彼をベットで飽きさせない女になるためには、積極的に自分のやってみたい事や、欲求をぶつけてみましょう。「もっと奥まで」「もっと突いて」という「もっと」言葉も萌えるみたいなので使ってみてくださいね♪


不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?

コメントは受け付けていません。