不倫は勧めない!不倫で不幸になる女性の3つのタイプ

不倫をする女性には色々なタイプの女性がいますが、中でも不倫によって不幸になってしまう女性がいます

不倫で不幸になるタイプの女性には特徴があり、この特徴に当てはまる女性には不倫を勧めることはしません。

登録は無料!今なら豪華初回特典付き!

不倫映画「昼顔」から不倫のリスクを学びましょう

社会現象ともなったドラマ『昼顔』が、映画で2017年6月10日上映されます。映画『昼顔』予告編をご覧ください。

不倫は叶わない背徳の恋として映画「昼顔」などでも綺麗な描写で描かれていますが、実際に経験をしてみると辛くて寂しい毎日の連続なのです。

こんな不倫に振り回されて、しかも世の中の発信されている綺麗で切ない不倫をかっこいいと思っている人は不幸を招いてしまうかもしれません。そこで不倫で不幸になる女性のタイプをご紹介しますね。

男性依存で喜怒哀楽の激しいタイプ

不倫にハマりやすい女性のタイプとも当てはまってしまう特徴として「男性依存」と「喜怒哀楽の激しい」タイプが挙げられます。

こういった女性は男性受けがいいことで、不倫に招き入れられることも考えられますよね。しかも、好きになったら突っ走る以外の選択肢を持ちませんので、不倫へのハードルはとても低いのです。

しかし、不倫で不幸になりやすいから注意をしなければなりません。好きになった男性に依存をしても、そこには大きな存在の奥さんがいます。

離れたくない、ずっと一緒にいたいと泣き崩れても、彼は必ず家に帰らなければなりません。不倫によって幸せになることなんて想像もできない女性のタイプです。

独占欲の強い女性

独占欲の強い女性も間違いなく不幸になってしまい、不倫の関係でも好きな人と繋がっていられるだけでも幸せ!とは思うことができません。

残念ですが、その独占欲は既婚男性に見せてはいけない一面なのです。

独占欲を表された瞬間にその不倫の関係が終わってしまうことも考えられますよ。不倫は聞き分けのいい女、男性に忠実に合わせられる女が長く継続させられるのです。

これでは、好きになった彼にも嫌われますし、不倫のルールを守れないことで最悪の事態を招くかもしれませんね。奥さんにバレたり、周囲にバレてしまうと不幸以外の何者でもありませんよ。

結婚願望の強い女性

最後に結婚願望の強い女性は不倫によって不幸になってしまう特徴です。

結婚願望の強い女性はそもそも不倫に足を踏み込まないのではないのか?と思われますが、男性のズルさから結婚を匂わせていたら、女性は好きな男性を信じます。

離婚をして自分と結婚をしてくれると信じることで結婚願望を果たせると思いますので、いつまででも彼を待っているかもしれませんね。

もうこの人と結婚することは無理だ!と気付いた時には結婚適齢期を過ぎている、なんてことにもなりかねません。

結婚願望の強い女性に私は絶対に不倫を勧めたりできませんね。

不倫をする男性は寂しい男性が多いのです。結婚はしないけど、それでも自分のそばから離れて欲しくないと思っているのですよ。

あなたは不倫で不幸になる女性に入ってましたか?

不倫で不幸になる女性にあなたは当てはまりましたか?もしひとつでも当てはまるのであれば、不倫はやめたほうがいいかもしれません。けど、当てはまった内容を理解して、そこを修正していけば、不幸になることなく不倫を続けることができるでしょう。一度だけの人生です。本当の愛を見つけたら、突き進むのも一つの選択肢ですね。

The following two tabs change content below.
クリシェ

クリシェ

サイト運営者のCLICHE クリシェです。私も数年前まで年上の男性との不倫で悩んでいましたが、今は精神的にも落ち着き安らぎさえ感じています。 私がたどった不倫の解決への道のりをお伝えすることで、あなたの悩みが解決すれば幸いです。


惚れルンです

電話占いランキングベスト5

不倫をやめられない五つの理由(わけ)

不倫をやめたいけど、やめられない。

理屈ではわかっているけど、不倫をやめられない「5つの理由」があります。

  • 理由1:不倫相手を本気で愛している
  • 理由2:不倫のスリルが忘れられない「不倫中毒患者」
  • 理由3:強引に誘われると断れない

この3つの理由は、不倫経験者であれば誰でもうなずける内容だと思います。

そして・・のこり2つが、やめたくてもやめたくてもやめられない、ある意味やっかいな理由といえるでしょう。

残りの2つの理由をしっかりと自分に落とし込み、「今後あなたの不倫関係をどうするか」判断する必要があります。

不倫をやめるか・続けるか・・人生のファイナルアンサーを決めるのはあなたです。

不倫をやめられない残りの2つの理由とは?


コメントは受け付けていません。